インターネット広告の効果とは

インターネット広告の効果とは

かつて広告には様々なものが存在しました。
例を挙げますと、ラジオや新聞、雑誌やテレビがそれを担っていたのです。

インターネット広告は急成長

これらは現在でも健在ですが、ここ20年で急速に成長してきたのが、
インターネット広告ではないのでしょうか。
基本的に前述のいわゆる4マス広告は若干の減少傾向にあるのに対して、
インターネット広告だけは右肩上がりの傾向にあるのです。

90年代は数十億円程度の広告だったのに対して、
2000年代からブロードバンド化によって利用者を増していって、
数千億円から現在では1兆円を超える産業になっているのです。

つまりそれだけの効果があるから発展していっているのであって、
今回はそのインターネット広告の効果と仕組みについてみていきます。

広告の移り変わり

まず広告規模が数十億円だった頃は電話回線でできる時間が限られていましたので、
今のような動画はありませんでした。

サイトの上に広告が貼ってあって、
それにアクセスするのが関の山です。
これは個人でもできるようで、1クリック○円でお金をもらうタイプと、
月々の契約でお金をもらうタイプです。

しかし当時は企業レベルで広告を載せることができても、個人では難易度が高いものでした。
なぜならばまだHTMLの知識はそれほどの人は少なくて、
たいていはホームページのスペースを無料で借りるのですが、
そこには広告がもともと貼ってあって自分で広告を貼るのを禁止している事が多数あったからです。
だから企業側が主で個人ではわずかな人だけでしたが、

2000年以降、変化が現れる

2000年代に入るとある変化が起きます。
まず前述のとおり光などのブロードバンドが増加されたことによって、24時間つなぐ人が増えました。
これによって利用者が一気に増えて、ポータルサイトの利用者が増えたのです。

それにより広告収入も増えていきます。
もうひとつの変化はブログができ、最大の強みは日記が手軽にかけるだけでなく、
自分の文章が世界に発信できるので宣伝がしやすくなる点です。

その上で広告を載せることができるようになったので、
個人の面でも広告利用の方が増えることになったのです。
その後動画サイトやSNSが発達して自分で動画を発信して、
それで広告費で儲ける人がいたり、SNSを最大に駆使して儲ける人もまた叱りですね。

このようにインターネットはほかのメディアと違って、
自分で商品を発信することができるのです。
テレビでもできますがあくまでCMやPRが関の山ですが、
最近のインターネットの傾向ですとリアルタイムで意見が飛び込んできますから、
すぐに情報を動かしたり発信していくことができるという柔軟さがあるので大きく発達していったわけです。

個人がインターネットで広告をする自由が広がったことによって、
多くの人が情報を共有できるようになりました。
実際にテレビやラジオもSNSと連動しだしていますし、
今後も様々な手段からインターネットの広告は発達していくのは明白でしょう。